eyebrows eyelashes 眉毛・まつ毛のこと

アピアランス(外見)の変化の一つである眉毛・まつ毛の脱毛について、
気になることの対処法を解説します。

社会復帰や外見の変化についての
「専門家インタビュー」はこちらからお読みいただけます。

専門家インタビューはこちら

今日からでもできること

今、持っているものなどを活用して、今日からすぐにでもできるシンプルなものをご紹介します。

ちょっとご近所なら帽子とメガネで

近所へのちょっとしたお出かけ程度なら、眉毛やまつ毛に直接手を加えなくてもカバーすることができます。帽子をかぶったり、度なしの伊達メガネをサッとかけたりするだけでも、顔が引き締まった印象に変わるでしょう。フレームが太いものや、デザイン性が高いものを選ぶと、人の視線がメガネに集まりやすくなり、眉毛やまつ毛の脱毛がより目立ちにくくなります。メガネには、まつ毛が抜けてゴミが入りやすくなった目を守ってくれるという利点もあります。
日常生活において、眉毛やまつ毛を至近距離からじっと見られることはありません。全体として以前と印象が変わらないようにすれば大丈夫です。

脱毛前に顔の写真を撮っておこう

眉毛やまつ毛が抜けるとき、目のまわりがむくむことがあるため、普段と同じように眉毛を描いても違和感があるかもしれません。脱毛前はどんな形だったのか、自分ではなかなか思い出せないこともあります。そのため、脱毛する前に顔の写真を撮っておくとよいでしょう。そうすれば眉毛を描くときに、自分の眉を思い出せなくても、写真を見て確認することができます。

少しの工夫でできること

日常にちょっとした工夫をプラスすることで、快適な生活ができるようなものを集めてみました。

眉毛が抜けてきたら

すべての抗がん剤で眉毛が抜けるわけではないことが、一般的には知られています。眉毛が抜けることがある抗がん剤を使用しても、多くの場合、眉毛が抜けるタイミングは髪の脱毛よりも後になります。また、一度に抜けるのではなく、眉毛が徐々に薄くなっていくような抜け方をします。そのため、準備は慌てなくても大丈夫です。普段から眉毛を描いている方は、今までどおりに描いてください。多くの男性をはじめとして眉毛を描いたことがない人は、抜け始めたらまずはパウダーアイブロウ(眉用パウダー)などで描き足す練習をするとよいでしょう。眉毛はもともと、長さも太さも色も、左右対称ではないことが多いので、左右で多少違っても問題ありません。

眉毛の描き方のポイント

  • 抜け始めたところから描き足す練習を
  • 左右非対称でも大丈夫!

患者さん体験談

汗かきの私は、せっかく朝ばっちりと眉毛を描いても、夕方に消えていることがよくありました。だから、アイブロウコート(透明なマニキュアのような眉ケア用品)で、描き終わった眉の上からなぞってコーティングしていました。ほんのひと手間かけるだけで、眉が消えにくくなりますよ。

患者さん体験談

眉毛が薄くなったときは、描き足す程度でよいので問題ありませんでしたが、完全に脱毛して眉がまったくない状態から描くのは大変でした。そんなときに使っていたのが、眉ティントという眉ケア用品です。使い方は簡単で、眉毛メイクが数日間落ちずに持続するので、毎日描く手間もはぶけて、とても便利でした。

  • 1眉ティントを塗る

  • 2乾かす

  • 3剥がす

  • 4完成

患者さん体験談

私はつけまつげを愛用していました。上手につけるには、とにかく練習あるのみ。初めは30分ほどかかっていたのが、毎日つけているうちに上手になり、慣れれば3分で装着できるようになりました。目のメイクがキレイに決まると、心もウキウキします。

参考:国立がん研究センター研究開発費 がん患者の外見支援に関するガイドラインの構築に向けた研究班 編:がん患者に対するアピアランスケアの手引き 2016年版(金原出版)
野澤桂子,藤間勝子 編:臨床で活かす がん患者のアピアランスケア(南山堂)

プラス インフォメーション

もっと詳しく、より専門的なことをお知りになりたい方のために、
アピアランスの専門家や専門メーカーの方々からの声をご紹介いたします。

山崎 多賀子さん

美容ジャーナリスト。NPO法人キャンサーネットジャパン認定乳がん体験者コーディネーター。NPO法人キャンサーリボンズ理事。女性の乳房の健康を応援する「マンマチアー委員会」を仲間と設立。

  • 眉毛やまつ毛の脱毛の悩みに対して、どのような工夫、コツがあるでしょうか。
    抗がん剤を受けられる方で、眉毛やまつ毛の脱毛にどのように備えればいいか、という質問は最も多く聞かれます。女性は美容意識が高い方からそうでない方など価値観はさまざまで、メイク法の正解はひとつではありません。そして、健康な人も治療中の人も、メイク法の基本は同じで、特別なことは何もありません。眉毛やまつ毛が脱毛したときに、治療前と顔の印象が変わることは否めませんが、簡単なメイクのポイントで以前のイメージに近づけることができますから、安心してください。
  • 眉毛やまつ毛について、がん経験者の方から多く寄せられるご質問がありましたら、そのご回答とともにお教えください。
Q
眉毛が抜けてしまうと、どこから眉を描いていいのかわかりません。
A
多くの人が、「毛のないところに眉を描くのは不安」とおっしゃいます。いままで眉化粧の基準にしていた毛がなくなると、どこからどう描けばいいのかわからなくなり、不安を覚えるようです。
でも大丈夫。眉毛がすべて脱毛したとしても眉骨はなくなりません。多くの場合、眉毛は眉骨の上に生えており、眉骨のところを眉頭とすると、その人の骨格に合った眉を描くことができると言われています。
目頭の上にある眉骨を指で触ってみてください。そこがあなたの眉頭の位置です。眉頭が決まれば、そこを基準に、ご自分の好きな形に眉を描いてみてください。眉の描き方の正解はひとつではなく、眉の形も人それぞれ。上手に描かなければとプレッシャーに感じることはありません。
Q
まつ毛が脱毛したら、目の印象が弱々しくなりました。目ヂカラを復活させるにはどうしたらいいですか。つけまつ毛をつけないといけませんか。
A
抗がん剤治療を受けることが決まり、まつ毛の脱毛に備えてつけまつ毛を購入する方は意外と多くいらっしゃいます。また、まつ毛が抜けて目の印象が寂しくなったと、ため息をつかれる方も多いです。目のまわりにトラブルがなければ、つけまつ毛を楽しんでもかまいませんが、少々のテクニックが必要です。目の印象が寂しくなるのは、目のまわりを縁どっていたまつ毛の黒色がなくなり輪郭が肌色になることで、目にメリハリがなくなるからです。目ヂカラを復活させたいのであれば、まつ毛の黒色の代わりに、上まぶたに黒のアイラインや、黒やダークブラウンなど濃い色のアイシャドウを縁どるだけで、メリハリが戻りますよ。
Q
つけまつ毛が上手につけられません。何かコツはありますか。
A
つけまつ毛はまつ毛を土台にしてその上に貼るものなので、まつ毛の脱毛中は少しテクニックが必要です。ただ、アイラインやアイシャドウだけでなく、まつ毛がほしい、というのなら、目のまわりにトラブルがなければつけまつ毛を楽しんでいいと思います。実際に、抗がん剤中に練習をして「つけまつ毛の達人になった」という方もいらっしゃいます。つけ方のポイントとしては、自分の目幅より長いタイプを選ばないか、事前に目幅に合わせてカットすること。目頭ギリギリに貼ると目がチクチクするので、必ず5ミリほど空けて貼ること。そして、貼る前にアイラインや濃い色のアイシャドウを入れておきましょう。こうすることで、左右対称にならなくても、端が多少はがれても目立ちません。端がはがれたときのために、外出時にはのりを持参するといいでしょう。
つけ方のポイントは、つけまつ毛メーカーさんなどが配信している動画を参考にして、あとは練習あるのみです。
Q
男性はどのように対処したらいいですか。
A
男性で、眉の脱毛の相談をされる方は増えてきました。とくに眉が濃い方ほど印象が変わることを気にされているようです。
男性の眉は女性より黒くて太いことが多いので、グレー系の眉墨を使い、眉が生えていたところの肌に、影をつけるように色を乗せると自然です。眉の部位は皮脂が多い場所なので化粧崩れしやすいため、事前におしろいや化粧崩れ予防の下地などで皮脂を抑えておくと効果的です。男性の眉は輪郭をきれいにかたどらず、ぼかすくらいのほうが化粧感がなく自然です。最近は男性用の眉墨も売られていますし、いずれもドラッグストアで入手が可能です。
また、まつ毛の脱毛はアイラインを細く入れて綿棒でぼかすだけで、目ヂカラが戻ります。
  • 当サイト「Cライフプラス」を閲覧されるがん経験者の方へ、メッセージがあればお願いいたします。
    メイクの目的を、治療中に起こる顔の変化を「隠す」ことに置くのではなく、「楽しむ」ことが大切だと思っています。隠そうと思うと「バレるのでは」いう不安感がつきまといます。もともと眉やまつ毛が薄い人もいます。メイクは「錯覚」効果を利用して自分を演出することで、気分を変え楽しむもの。それは病気であろうとなかろうと、変わりません。脱毛中の間に眉や目元のメイクを研究し、化粧上手になるというのも一つの手。もちろん化粧をしない、というのもありです。
    目元の脱毛は、メイクだけでなく、フレームの太いメガネやサングラスでカモフラージュも十分に可能です。眉毛やまつ毛の脱毛中は、日差しがまぶしく感じられたり、チリや汗が入りやすくなるのでそれらの予防もできて一石二鳥です。メイクやおしゃれなメガネなど、あの手この手で「楽しむ」ことにトライする、知らなかった自分に会える可能性も大です。

専門メーカーの方々によくある質問をお聞きしました。

  • ・株式会社資生堂様

株式会社資生堂様

  • 眉毛やまつ毛の脱毛の悩みに対して、どのような工夫、コツがあるでしょうか。
    眉毛の脱毛が生じた際は、ペンシルタイプとパウダータイプのアイブロウを組み合わせて描くと自然に見せることができるとお伝えしています。特にやわらかい芯のアイブローペンシルをおすすめしています。
    脱毛する前や、きれいに描けた眉の写真を撮っておくと同じように描きたいときの参考になります。
  • 眉毛やまつ毛について、がん経験者の方から多く寄せられるご質問がありましたら、そのご回答とともにお教えください。
Q
まつ毛が脱毛した後のアイメイクはどんなポイントに気をつけたらいいですか。
A
アイシャドウを使用する際は、ラメなどの入っていないものがおすすめです。
Q
まつ毛が脱毛して目もとがぼやけてみえます。何かよい方法はありますか?
A
アイラインを入れて、目もとの印象を高めましょう。アイラインにはペンシルタイプ、筆ペンタイプなどの種類がありますが、アイラインを描き慣れていない方は、ペンシルタイプがおすすめです。
Q
男性はどのように対処したらよいですか。
A
治療により脱毛が生じた際には、眉を描くことをおすすめします。ペンシルタイプとパウダータイプのアイブロウを組み合わせて描くことでより自然に見せてくれます。
Q
眉の位置がわかりにくくなって、左右対称に描けません。
A
最初に眉頭の位置を決めることがポイントです。眉頭の位置が決定したら左右の高さを合わせておくこと。眉を描く際の顔と鏡を平行な状態にし、まっすぐ鏡を見て高さを確認しながら描きましょう。
  • 当サイト「Cライフプラス」を閲覧されるがん経験者の方へ、メッセージがあればお願いいたします。
    さまざまな企業のWebなどで情報を公開しております。全国のがん拠点病院も情報は取得できますのでお気軽にご相談ください。