nail 爪のこと

アピアランス(外見)の変化の一つである爪のトラブルについて、
気になることの対処法を解説します。

社会復帰や外見の変化についての
「専門家インタビュー」はこちらからお読みいただけます。

専門家インタビューはこちら

今日からでもできること

今、持っているものなどを活用して、今日からすぐにでもできるシンプルなものをご紹介します。

爪への刺激を避けて

爪がもろくなっているときは、できるだけ爪に刺激を与えないことが大切です。伸びた爪のお手入れをする際、爪切りを使うと爪への負担が大きくなるので、爪ヤスリを使って整えるとよいでしょう。お手入れは爪が柔らかい入浴後にして、深爪や引っかきに注意しましょう。日常生活での刺激を避けるために、おしゃれなレースの手袋などで、爪を保護するのも効果的です。足に巻き爪がある場合、履物は指先を圧迫しないものを選び、サンダルなど指先が露出するものは避けましょう。手袋は、色もさまざまで、水仕事ができるようなものもあるので、自分に合うタイプを探してみましょう。

こんな刺激に注意しよう

  • 爪切り
  • 深爪
  • 引っかき
  • サンダルでの指先の露出

治療中のジェルネイルは控えよう

ジェルネイル(硬化性樹脂を用いて、自分の爪の上に作る人工的な爪)は、つけたりはずしたりする際に自分の爪を削ることが多く、治療で薄くなった爪に負担がかかるので、あまりおすすめできません。また、長期にわたって装着する人が多いので、その間に炎症などが起きても気づきにくくなります。これらの観点からも治療中は控えたほうがよいでしょう。

少しの工夫でできること

日常にちょっとした工夫をプラスすることで、快適な生活ができるようなものを集めてみました。

変色した爪にはマニキュア

変色した自分の爪を見たときに、気分が落ち込んでしまうことがあるかもしれません。そんなときはマニキュアを塗って、おしゃれを楽しみましょう。目立つ色にできない職場にお勤めの場合でも、ベージュ系の色を塗り、その上にマット系のトップコートを重ねれば問題ないでしょう。マニキュアには、もろくなった爪の補強効果もあります。ただし、爪のまわりに炎症や痛みがある場合は、塗るのを控えましょう。

マニキュアの選び方

マニキュアを塗り慣れない人には、塗りムラが目立ちやすいマット系よりも、パール入りのカラーのほうが扱いやすいでしょう。爪のまわりの肌が変色している場合、桜貝色などの薄い色のマニキュアは、肌の変色を強調してしまうので、気をつけましょう。
また、爪が黒く変色した場合、爪全体にレンガ色などの濃い目の色を使って隠してもよいでしょう。濃い色が苦手な場合などは、薄い色を全体に塗り、変色した部分だけ100円ショップなどでも購入できるネイルシールをポイントとして貼るだけでも目立たなくなります。もちろん、ネイルシールの上には、トップコートを塗ります。
人によって色の好みは違うので、マニキュアはどの色がいいのかということは、一概には言えません。好きな色を選び、楽しんで塗ることが、何よりも大切です。

こんなマニキュアを選ぼう

  • 濃い色
  • レンガ色(黒褐色の変色に)
  • パールカラー(マニキュア初心者に)
  • ネイルシール

ひび割れへの対応

もろくなった爪は、ちょっとしたことでひび割れを起こしやすいもの。肌と同じように、爪もクリームなどで保湿することが大切です。特にネイルケアの後や、手を洗った後は、十分な保湿を心がけましょう。ひび割れが心配な方は、透明なマニキュアを4-5回重ね塗りしても効果的です。小さなひび割れであれば、ネイルグルー(接着剤)でも修復できます。

ひび割れに使ってみよう

  • ネイルグルー
  • ネイルレスキュー(グルーとパウダーのセット)
  • シルクラップ

患者さん体験談

爪のひどい亀裂は、グルーとパウダーがセットになったネイルレスキューや、シルクシートとシルクテープを使って補修するシルクラップという方法で補修しました。シルクラップは、ティッシュで代用することもできるそうですよ。

患者さん体験談

できるだけ血色がよく見えるように、自然なネイルを心がけました。ただ、においで気分が悪くなることもあったので、無理はしないようにしました。

プラス1コーディネート

爪の凹凸や変形が気になるときは、一時的なネイルチップ(つけ爪)という選択肢もあります。

ネイルチップ(つけ爪)

ネイルチップは樹脂でできていて、爪の大きさに合わせてカットし、両面テープで爪に貼り付けます。使用は短時間に限られ、その日のうちに爪からはずす必要がありますが、チップ自体は翌日以降も複数回使えます。手を洗う回数が多いと、両面テープの粘着力が弱くなってチップがとれやすくなるので、注意が必要です。

参考:国立がん研究センター研究開発費 がん患者の外見支援に関するガイドラインの構築に向けた研究班 編:がん患者に対するアピアランスケアの手引き 2016年版(金原出版)
野澤桂子,藤間勝子 編:臨床で活かす がん患者のアピアランスケア(南山堂)

プラス インフォメーション

もっと詳しく、より専門的なことをお知りになりたい方のために、
アピアランスの専門家や専門メーカーの方々からの声をご紹介いたします。

専門メーカーの方々によくある質問をお聞きしました。(アイウエオ順)

  • ・株式会社資生堂様
  • ・株式会社スヴェンソン様

株式会社資生堂様

  • 爪について、がん経験者の方から多く寄せられるご質問がありましたら、そのご回答とともにお教えください。
Q
弱くなった爪のお手入れ方法を教えてください。
A
爪切りはとても便利ですが、負担を軽減するためネイルファイルでソフトに長さを整えましょう。
Q
爪が乾燥しやすくなったのですが、何か良い対策方法はありますか。
A
爪用美容液やクリームなどで乾燥から守りましょう。
乾燥が強いときには、しばらくは優しく守るお手入れをされることをおすすめいたします。

株式会社スヴェンソン様

  • 爪の悩みに対して、どのような工夫、コツがあるでしょうか。
    爪を作っている爪母(そうぼ)細胞は、細胞分裂が活発です。そのため、抗がん剤による副作用で爪の成長に影響を受けることがあります。
    これから生えてくる爪を質のいいものにするために、日々の正しいケアを積み重ねて丈夫で健康的な爪を育てていくことが重要です。
  • 爪について、がん経験者の方から多く寄せられるご質問がありましたら、そのご回答とともにお教えください。
Q
治療中の爪のセルフケアはどんなポイントに気をつけたらいいですか。
A
こまめな保湿が重要です。特に手洗い後は爪や皮膚が乾燥しないように、保湿クリームや爪用のマッサージオイルを塗りなおしましょう。
Q
弱くなった爪への正しい爪ヤスリのかけ方を教えてください。
A
ネイルファイル(爪ヤスリ)を持ち、爪に対して45度に当てて一方通行で整えるとキレイに仕上がります。
Q
色素沈着して爪が黒ずんできたのが気になります。
A
爪が黒く変色しているときはベースに白のネイルカラーを塗り、その上からネイルカラーを塗ると変色をカバーできます。成分表示が同じでも品質はさまざまですので、人体に有害な物質を除く方針のメーカーのものが安心です。色素沈着の症状が強く出ている場合、二度塗りをすると長持ちしやすく発色もよくなります。