It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.

HOME > がん& > 専門家と話すこころのラジオ

専門家と話すこころのラジオ

がん経験者のこころの悩みについてがんの専門家がこたえます

特集 がん&食べる(前編)

がん患者さんの多くが「食について悩むことはたくさんあるけれど、専門家に相談した経験はない」と言います。
そこで、今回は、がん経験者である「かんちゃんさん」に自身の食の悩みについて、がんの専門医である犬飼道雄医師とお話していただきました。
(前編)は食べられないときのヒントや体重減少についてです。かんちゃんさんの悩みについてはマンガを、対話の様子は動画をご覧ください。

今回のがん経験者

かんちゃんさん
末期の急性リンパ性白血病Ph-ALLと診断され、余命一週間と告知される。治療により寛解し、その後移植を受ける。現在は病院で看護助手の仕事をしながら、がん患者会を立ち上げて活動している。

かんちゃんさん

今回の専門家

犬飼道雄(いぬかい みちお)先生
岡山済生会総合病院内科 がん化学療法センター 主任医長
消化器、胆・膵がん、原発不明がんなどの化学療法・臨床栄養を専門としている。

犬飼先生
犬

かんちゃんさんの悩み
「食べられない」

漫画_前篇
犬

こころのラジオ

Q1 がんで食べられないときは無理して食べなくてもいいの?

【先生のアドバイス】
・00:08  治療中、食べることができず10kg程減ってしまいました
・03:38  食欲低下のときは脱水予防に点滴や経口補水液が効果的
・03:50  家庭内の食事で悩んでいるときは家族と一緒に病院へ行こう
・05:00  痛みは食欲不振の原因になる
・06:40  抗がん剤治療中に食欲不振になるのもよくあること
・07:25  決してあきらめずに、医療者と連携をとっていこう

Q2 担当医の先生に食べることでの悩みを伝えられないんです

【先生のアドバイス】
・00:08  主治医の先生には治療の相談が中心になってしまい…
・00:35  がん治療は日常生活にも関係すること。医療者と気楽に話してみよう
・02:22  食事のことに関しては管理栄養士に相談してみよう
・04:00 「がん相談支援センター」を知っていますか? セカンドオピニオンや生活環境についてなど、いろいろな相談にのってくれます

Q3 がんになってから減ってしまった体重が元に戻りません

【先生のアドバイス】
・00:08 治療が始まってから太れなくなってしまいました 
・00:40 「がん関連性体重減少」と「がん誘発性体重減少」がある
・02:45 栄養補助食品は吸収しやすく体重減少の改善に役立つ
・03:30 年齢が上がってくると20代の人の3倍のたんぱく質摂取が必要
・06:10 「ちょこっとプラス」と「手ばかり栄養法*」を試してみよう
*出典:ヘルスプランニング・あいち、詳しくは『がん&』の特集2を参照
・07:24 今までの食習慣を大切にしながら「食べること」について考えていくことが大事

撮影日:2021年10月7日
編集・取材・執筆:早川景子
動画編集:稲垣優輝・村田茂人(株式会社ワイズアイズ)
漫画:たちばないさぎ
イラスト:宇田川一美
監修:岡山済生会総合病院内科 がん化学療法センター 犬飼道雄 先生
掲載:2021年11月25日

12月1日公開予定